Zenfone3‏(ZE520KL)を注文してみた。

注文してみた

価格を考えると間違いなく、EXPANSYSで買ったほうが安い。
Amazon先生も安い。輸入版になるため、初期不良などのサポートが日本じゃなくなるのが若干ネック。

今回は、普段使っている、IIJmioでの日本版の分割購入を試してみた。
実際にやってみたことをメモ。

価格

EXPANSYSでは、送料と消費税が表記とは別にかかるので、3万円の商品だと+3000円程度かかる。ZenFone3が3万円前後なので、高く見積もっても3.5万円で買える計算になる。

IIJmioの場合は、
一括購入で、38,800円(税抜) => 41,904円(税込8%)
24分割購入は、1,650円(税抜) => 1,782円(税込8%) 総額:42,768円(税込8%)
分割の割に手数料が低めで、端末をできるだけ負担なく提供しようとしているように見える。
一般的には、分割にすると総額で1万程度変わってくる。もっと高い場合もある。
良心的な範囲だと思いました。

しかし、単純な価格で考えると、やっぱり個人輸入したほうが安い。
価格の差で、7~8000円程度になるので、ケースやMicroSD等が余分に買えてしまう。
結構大きい金額になる、慣れてる人は、EXPANSYSがオススメです。

ZenFone3を選んだ理由

  • 価格がお手頃!
  • 性能がそこそこ高い!(ゲームをやる方には足りないかも・・・。)
  • コストパフォーマンスがイイ!
  • iPhoneユーザーだけど、Androidも使ってみたい!
  • CPUのバランスが良いので、バッテリーも持ちそう
  • USBがtype Cなのでリバーシブル!(2.0なのが人によっては気になるかも)
  • トータルでAndroidのスタートアップとしては最適かも!

実際の注文

IIJmioでの取り扱い開始が、2016/10/24の10:00でした。
時間ちょうどにアクセスすると、まだ商品がなかったので、1分後に再度トライ。

画面が切り変わったので、mioサプライから手続きを開始。基本的にセット販売のバナーがメインでありますが、端末のみの購入も可能。
[IIJmioをすでにご利用の方のご購入・お申し込みはこちらから]のリンクから、注文へ。

商品を選んで、色と一括か24分割かを選び、端末の保証を選択。
今回は、サファイアブラックで、分割を選択し、追加の保証はなしに。
個人的には、そこまで持ち運びもせず、アクティブに使わないのでなしにしました。

注文を行うと、確認とセキュリティの為か、認証用のメールが来ます。
簡単な仕組みですが、IDを使われて、勝手に注文されても、メールが来るので安心です。
仮に間違えた場合も、30分経過で無効になるようで、誤注文の場合も安心です。

今回は、初めてのmioサプライ利用だったので、本人確認書類画像の提出がありました。
免許証を撮影し、指示通りにログインしアップロードしました。
確認の結果が2~3日以内にわかるようなので、最短でもその後の発送になりそうです。
何でもそうですが、急ぐ人は、実店舗で買ったほうが良さそうです。

詳細

● お申し込みいただいたサービス及び情報

   (1) IIJmio サプライ
          サービスコード           : mts2968xxxx [下四桁を何となく伏せました!]
          利用・課金開始日         : 調整中 (確定次第別途お知らせします)
          端末                     : ASUS ZenFone 3(ブラック/32G)
          お支払い回数             : 24回払い
          端末補償オプション       : なし
          お届け予定日             : 調整中 (確定次第別途お知らせします)

その他

simについて

ZenFone3にはmicro SIM単独スロット1と、nano SIM/micro SD共用スロット2の二つがあります。
nano SIMは、micro SDと排他利用になるため、どちらかを使うとスロットが埋まります。
nano SIMを使いつつ、micro SDも使いたい場合は、nano SIMをアダプタで、micro SIMにする必要がありそうです。

nano SIMをアダプタをつけてスロット1へ、micro SDはスロット2へ入れる構成になりそうです。
iPhoneやそのほかのデバイスの入れ替えを考えて、私は、nano SIMしか持っていません。
アダプタの精度や品質で、抜けなくなったり、本体側が破損する事故があったりするので取扱い注意です。

価格について

海外だと発表が249$ですが、日本プライスは39,800円になり。単純な換算はできませんが、1$あたり160円計算になります。
今の円相場からしても、1.5倍程度の強気の設定になっています。
日本向けの様々な仕様が追加されていますが、ネット上では難色を示している方が多いようです。

個人的にも、この差は高いと思いますが、その分を通信費で節約するので、まあ良いかなぁっと思い注文しました。
日本価格でもコストパフォーマンスは良いと思っています。

返信メールタイトル

2016/10/24 10:02 [IIJmio] mail address confirmation 【確認メール】
2016/10/24 10:03 [IIJmio]本人確認書類画像のご提出について 【本人確認書類アップロード依頼】
2016/10/24 10:07 [IIJmio]本人確認書類画像受付完了のご連絡 【アップロード時の自動返信】
2016/10/24 19:00 [IIJmio]本人確認完了のご連絡 【本人確認完了連絡】 
2016/10/26 06:07 [IIJmio] ready to start 【ZenFone3の発送通知】 お届け予定日 : 2016年10月27日 時間帯指定なし

思っていたより早かった!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す